CONTACT US

〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目7−7 玉川ハイツ402

パドルシティ二子玉川

FORROW US

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Tumblrの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

TEL: 03-6805-7581

E-MAIL: paddlecity@grandex.jp

定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)

© 2019 PADDLE CITY.ALL RIGHTS RESERVED.

​持ち物
​必需品

​□水着、乾きやすい素材の下着

​※寒い時期はウェットスーツなどを着用しますので、ぴったりしたもの

□タオル

□乾きやすく、滑りにくいスニーカー​​

​□飲み物

□昼食(一日コース)

​□防水携帯ケース(一日コース)

 

遠征時

□​防水バック

​あればいい物

​□日よけの帽子

□サングラス(紛失の可能性あり)​

 

​以下は暑い時期

□ラッシュガードなどの化繊の上着

​□サーフショーツなどのショートパンツ

​コチラで用意する物

​□PFD(ライフジャケット)

□ヘルメット(急流時)

□ウェットスーツ類​

​□ボート

□パドル

WEARING​

暑い時期(summer)

気温も水温も高い時は化繊のラッシュガードやロングTシャツ+ショーツでのご参加がおススメです。

​脚の日焼けが気になる方は、スポーツ用のレギンスやタイツなどを履かれても大丈夫です。

​川の上は日差しが陸上の2倍になりますので、日焼け止め対策はされていた方がいいかと思います。

​※こちらはレンタルしていません。

春や秋

気温は高く、水温が低い時はお持ちの水着の上に着るパドリングジャケットと、パドリングパンツをお貸しいたします。

撥水性は高いですが、防水ではありませんので、濡れないわけではございません。

​​

初春や晩秋

気温も水温も低い時はウェットスーツをお貸出ししております。

​ウェットスーツはぴったりとしていますので、中に着る水着などもぴったりとフィットしたものの方がストレスなく着用できます。​

​RENTAL GEAR

PFD(ライフジャケット)​​

​ヘルメット(流水時)​​

​ボート、パドル​​

Personal Floatation Device

SUP、パックラフト等のパドルスポーツのリスクを減らすためにPFDは必須です。パックラフトの装備としては必須となります。

​ツアー参加者にはレベルを問わず、着用を義務付けさせていただいております。

流れが急、あるいは落水する恐れがあるコースでは流水用のヘルメットを着用して頂きます。

​緩やかで落水する恐れの無い場所ではかぶらなくてもいいと思いますが、足元の滑りやすい所ではあると安心な装備です。

ボートやパドルは基本的にレンタル品となります。ご自分でお持ちの場合はそちらをお持ちいただいても大丈夫です。

​不安な方は一度お問合せ下さい。